イソフラボンを摂り過ぎると、健康を害するケースもあるのです。 イソフラボンを過剰に摂取してしまうと、閉経前の女性の場合には、月経の周期が不安定になったりすることもあるのです。 昨今の美容ブームで、イソフラボンは女性ホルモンと似たような作用がある為、美容に良いという情報が多数のメディアで紹介されたりしました。 特に若い女性の中には、美容面でいいという部分だけを聞きかじり、摂取量を気にせずに過剰に摂取する方がいるかもしれません。 イソフラボンを摂りすぎるのは、多くの場合、食事で摂るのではなく、サプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)で過剰に摂取してしまうといったケースでしょう。 過たびにイソフラボンを摂ると、幼児や妊娠中の女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)にもホルモン面での悪影響の懸念があるのでしょうか。 まだはっきりとした研究結果が出ているわけではないものの、幼児や妊婦の方は、サプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)などでの摂取はやめておいた方が良さそうです。 一般的には閉経後の女性にも良いとされているイソフラボンですが、閉経後の女性でも、過剰摂取をすると子宮内膜増殖症なんかの発症リスクが高くなったらいう報告もあります。 いずれにせよ、上限を守っての摂取を心がけることが大切だと言えます。 食事で過剰摂取になることはほとんどないと思いますが、サプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)などで補充する場合は、決められた摂取量を必ず守るようにしましょうー